オーダーメイド枕は、購入を希望する消費者の要望によって、条件を満たした枕が手に入るメリットがあります。
主な特徴としては、首の形状や頭の位置に合わせて、枕の高さが変えられる点が挙げられます。

 

更には、中身の素材が自由に選択出来たり、詰める量も硬さや高さに合わせて変更出来る事が優れています。
また、オーダーメイド枕の価格帯は幅広く、枕を買うつもりだと高く感じるものですが、長く使える寝具と考えれば妥当な価格になり得ます。
ただ、値段に見合ったオーダーメイド枕が手に入るか、体にフィットしても高過ぎると判断するかは、購入する消費者によって評価が変わります。
枕選びに悩んでいた人は、オーダーメイド枕が決定打になる事も少なくないので、眠りの悩みを抱えている人には大きなメリットになります。

 

一方、悩みたくないからとオーダーメイド枕を選んでも、体に合わなければ高い買い物になりますし、勿体ないと考え無理をして使い続ければ逆効果になる恐れもあります。
体に合わない枕は、オーダーメイド仕様であってもデメリットになるので、購入する際には入念に調べたり、実際に試して体に合うとチェックしてから決定する事がおすすめです
購入の際の注意点は、実物を手にとって硬さを体感したり、頭を乗せて首に無理がないか確認する事が大切になります。
適度な高さの枕であっても、反発力が弱く沈み込む物は、首が反って頭の負担が集中してしまいます。

 

このような問題は、肩こりや頭痛の引き金になるので、必ず枕は頭を乗せた状態で高さを調べる必要があります。
逆に高反発タイプの枕は、形状変化しにくい特徴を備えていますが、反発し過ぎては首が緊張状態になったり、頭の位置が安定しなくなる事もあり得ます。
チェックする時のポイントは、横向きや寝返りを打った時の頭の位置、そして首や肩の負担を確認する点にもあります。

 

店頭で確認する必要性が高いので、通販で気軽に変えないデメリットはありますが、店員に直接希望が伝えられたり、枕の比較を行い試してから変えるメリットは存在します。
自由に中身の量を増減出来る枕は、オーダーメイドだからこそ得られる利点で、ある程度は使う人の試行錯誤でベストな状態を見付ける事が出来ます。
中身がウレタンの場合は、このような調節は出来ませんが、購入時に最適なものを選べば、長く快適で良質な睡眠が実現するようになります。
平均的な枕の値段よりも、オーダーメイドは価格が高めになりますが、体から最適な枕を導き出せれば、毎日の眠りを改善する体に適した枕が見付けられます。

  • 2016/08/15 08:21:15