枕が人の睡眠に作用する影響力とは

よく耳にするのは、旅行のときとか親戚の家で泊ったときとかで、枕が違ったので眠れなかったということでしょう。つまり良い睡眠をとるためには、かなりのウエイトを占めていることを、もう一度見つめておく必要があります。

 

もちろん、良い睡眠という場合には、その他にも布団や部屋などのフィジカルに与える影響と、嫌なことや悩みごとなどのメンタル面の影響がありますので、メンタル面の解決も不可欠ですが、ここではフィジカル面で最も影響が大きい枕にスポットを当てています。

 

睡眠時は、休んでいる姿勢と呼吸のしやすさが大事なことですが、枕が正しくないと、これらは充足できません。

 

枕によって頭の位置が高くなりますが、それは頭の中の血液がたまることを防ぎ、顔のむくみもなくし、首の形状を正しく整えるなど、様々な良いことがあるからで、世界的にも共通していますし、昔から行われていることでもあります。ただし、時代劇の女性が、ものすごい高さのものをしている姿を見ますが、あそこまで高いと問題があり、あの高さは、良い睡眠のためというよりは、髪型に乱れを防ぐための解釈する方がよさそうです。

 

熟睡したいのに体調がいまいちだという人や、何となく首周りや肩に違和感が残っているというような人は、選び直す必要があります。
枕を高くして眠れるというのは、問題が全くなくなり安心して寝れるということの表現ですが、本当は寝ている間に首を取られる心配がなくなったという台詞なのです。
高すぎるものは、首や肩を痛めるので身体に悪い影響となります。

 

人の背骨は適当なSの字カーブを保っていてこそいいのであって、高すぎると首の部分が伸びきってしまうので、よくありません。もし、首や肩に違和感ああるのであれば、少し低めのものに変えてみる必要があります。

 

もちろん、首の長さや背骨の形は人によって異なりますので、何pが最適だという風には決められません。一番いいのは、専門業者に相談して、首や背骨から割り出してその人のためにオーダーメードのものを作ってもらうことで、ジャストにフィットするのが最適なものと言えます。

 

材質も注意することが大事になります。昔からそば殻がいいとされており、確かに何となくすっきりしますが、それはそば殻が吸湿性に優れているところから来ています。でも反面、内部に湿気がこもりやすいので衛生上問題がないわけではないのです。最近では、プラスティック製のパイプ型などが素材として使われているのは、こうした理由からです。
いずれにしても、自分にとって最適のものを見つけるのが、良質な睡眠確保の絶対条件となります。

 

枕選びの参考に:横向き枕のおすすめは?横向き寝に快適な枕をランキング

いつかは使ってみたい!オーダーメイド枕の買い方教えて

オーダーメイド枕は、購入を希望する消費者の要望によって、条件を満たした枕が手に入るメリットがあります。
主な特徴としては、首の形状や頭の位置に合わせて、枕の高さが変えられる点が挙げられます。

 

更には、中身の素材が自由に選択出来たり、詰める量も硬さや高さに合わせて変更出来る事が優れています。
また、オーダーメイド枕の価格帯は幅広く、枕を買うつもりだと高く感じるものですが、長く使える寝具と考えれば妥当な価格になり得ます。
ただ、値段に見合ったオーダーメイド枕が手に入るか、体にフィットしても高過ぎると判断するかは、購入する消費者によって評価が変わります。
枕選びに悩んでいた人は、オーダーメイド枕が決定打になる事も少なくないので、眠りの悩みを抱えている人には大きなメリットになります。

 

一方、悩みたくないからとオーダーメイド枕を選んでも、体に合わなければ高い買い物になりますし、勿体ないと考え無理をして使い続ければ逆効果になる恐れもあります。
体に合わない枕は、オーダーメイド仕様であってもデメリットになるので、購入する際には入念に調べたり、実際に試して体に合うとチェックしてから決定する事がおすすめです
購入の際の注意点は、実物を手にとって硬さを体感したり、頭を乗せて首に無理がないか確認する事が大切になります。
適度な高さの枕であっても、反発力が弱く沈み込む物は、首が反って頭の負担が集中してしまいます。

 

このような問題は、肩こりや頭痛の引き金になるので、必ず枕は頭を乗せた状態で高さを調べる必要があります。
逆に高反発タイプの枕は、形状変化しにくい特徴を備えていますが、反発し過ぎては首が緊張状態になったり、頭の位置が安定しなくなる事もあり得ます。
チェックする時のポイントは、横向きや寝返りを打った時の頭の位置、そして首や肩の負担を確認する点にもあります。

 

店頭で確認する必要性が高いので、通販で気軽に変えないデメリットはありますが、店員に直接希望が伝えられたり、枕の比較を行い試してから変えるメリットは存在します。
自由に中身の量を増減出来る枕は、オーダーメイドだからこそ得られる利点で、ある程度は使う人の試行錯誤でベストな状態を見付ける事が出来ます。
中身がウレタンの場合は、このような調節は出来ませんが、購入時に最適なものを選べば、長く快適で良質な睡眠が実現するようになります。
平均的な枕の値段よりも、オーダーメイドは価格が高めになりますが、体から最適な枕を導き出せれば、毎日の眠りを改善する体に適した枕が見付けられます。

うつ伏せで寝ると好影響はあるの?枕との関係のこと

睡眠時の姿勢は、幼少期のクセが大人になっても続くことが多いです。精神科医のサミュエル・ダンケルは、うつ伏せで寝る人は細心の注意を常に払っていて几帳面だが、予想できないことを嫌い他人のミスを許さない面があると分析しています。寝る時の姿勢は家族の影響も強く、育てられた環境によって性格とも深く関わっています。うつ伏せ寝のデメリットは、胸部に長時間負担をかけてしまうことです。

 

幼い子供をうつ伏せで寝かせると、乳幼児突然死症候群のリスクを挙げます。大人でもお酒を飲んだ後だと、吐瀉物が詰まって息ができなくなることがあります。また骨盤や脚、歯並びなど全身の骨格を歪ませる原因でもあります。成人は仰向けに寝ると顎にはおよそ5kgの負荷がかかります。うつ伏せ寝では負荷が8kg〜9kgと、大きな違いがあり、クセになることで顎関節症や乱れた歯並びを引き起こします。女性は上向きのバストを支えるクーパー靱帯に負担がかかると、バストが垂れて形が崩れます。一方、うつ伏せ寝では酸素をたくさん取り入れられるというメリットがあります。仰向けに寝ると、舌の付け根が喉に垂れ下がります。人によっては舌が気道を塞ぐ睡眠時無呼吸症候群を引き起こし、脳や臓器で酸素が不足することで夜中に何度も目が覚めて睡眠の質が落ちます。うつ伏せは気道を確保できるため、睡眠時無呼吸症候群の人でもぐっすり寝られます。腰痛持ちの人は、背骨に体重がかからないので楽だと感じます。ただし毎日この姿勢を続けると、背中が反りすぎることで余計に腰痛が悪化します。

 

うつ伏せ寝はデメリットの方が大きいので、仰向けに改善するのが良いです。最初から仰向けになるのは難しいので、まず横向きね寝られる練習をします。抱き枕を使用すると体重が分散されるので、無意識に体の力が抜けてリラックスできます。横向きに慣れたら仰向けに挑戦しますが、仰向けをキープできないのは腰が痛くなるためです。腰の負担を軽減するには、腰からお尻を覆えるタオルをきつく巻くのがおすすめです。タオル丈夫を外側に折り曲げると、就寝中にずれないので腰を楽にできます。人間は寝返りを打つことで血液の循環を促進しているので、常に仰向けでいることはできません。しかしタオルをきつめに巻いて腰を支えることで、横向きに寝てもしばらくすると仰向けに戻ります。少なくともうつ伏せ寝にはならないので、クセになっている人は試すと良いです。

 

うつ伏せ寝の人に枕は必要?

人の寝相は様々であり、中にはうつ伏せ寝という方もいます。うつ伏せの場合は枕を使わずに眠っていることもありますので枕は不要と感じられるかもしれませんが、しかしながらうつ伏せで眠ることによって健康を害する可能性があり、様々なデメリットが潜んでいるのです。

 

うつ伏せ寝が良くない理由にまず首に負担が掛かってしまうからです。うつ伏せの場合は左右のどちらか一方に首が向いている状態になりますが、それによって首の片側の筋肉は収縮した状態、反対側は伸張した状態になってしまいます。つまり両側が不均衡の状態になってしまいますので負担が掛かり筋肉を傷める原因になってしまうのです。
腰に良くないのもうつ伏せ寝のデメリットと言えます。腰が反った状態になってしまい、本来あるべき背骨のカーブに反するかたちで眠ることになります。その為、腰への負担が大きくなり腰痛の原因になる可能性がありますし、すでに腰痛持ちの場合はさらに症状が悪化する恐れもあります。

 

顔の歪みを発生させる可能性があるのもうつ伏せ寝の良くないところです。顔の片側が圧迫される状態になりますので歪んできてしまう恐れがありますし、美容の観点から考えてみてもあまり良くない寝姿勢と言えるでしょう。
このようなデメリットがあることを踏まえて考えると、枕云々よりもうつ伏せはあまり良くないと言えますし、できるだけ枕を使って仰向けや横向きで眠るようにした方が体に優しかったりもするのです。

睡眠時無呼吸症候群はどんな重要性が?治したほうがいい?

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に正常な呼吸リズムが一時的に止まることをいいます。成人では、だいたい1分間に15回前後の呼吸をするのが普通ですから、これは平均すると4秒に1回くらいとなります。そして無呼吸とは、10秒間にわたって呼吸が止まることを指します。このような無呼吸が一晩に30回以上も見られるようなものを、睡眠時無呼吸症候群と呼んでいます。

 

原因としては、気道が狭くなることで呼吸が妨げられることによります。そして、当然のことながら無呼吸が続いては生きていられませんから苦しくなって目が覚める、あるいは目が覚めるとまではいかないまでも、眠りが非常に浅くなる結果として十分な睡眠が得られなくなることから、昼間の眠気や集中力の低下をはじめとして、睡眠不足に伴う様々な症状が現れることになります。

 

改善方法としては、もし肥満体であるなら減量することです。太っていることで、喉にも脂肪が蓄積し、それが気道を狭くすることにつながるからです。また、飲酒を控えることも改善効果が期待できます。一般論として飲酒によりリラックスできると思いますが、それは、アルコールには筋肉を弛緩させる働きもあるからです。これは無呼吸症候群にはマイナスに作用します。気道の筋肉が弛緩することで、いわばたるんだ状態になり、それが気道をふさぐようにしてしまうからです。

 

その他には、もし鼻炎などの症状を合併しているのであればきちんと治すようにすることです。ただでさえ呼吸に支障を生じているところに、さらに悪化要因があることになるわけですから、より一層体への負担が大きくなってしまいます。

 

なお豆知識として、仰向け姿勢で寝るよりは横向き姿勢で寝るほうが、気道を圧迫することが少なくなりますので、症状の改善が期待できます。
本格的な治療法としては、機械的に空気を鼻から気道へ向けて送り込んでやるという方法が取られます。経鼻持続陽圧呼吸療法と呼ばれる治療法です。機器は、ダイビングに使うアクアラングのようなものを想像いただければイメージとしては近いです。就寝の際、鼻と口を覆うようなマスクをつけます。このマスクにはホースが接続されていて、機器が一定のリズムを制御しながら、睡眠中継続して鼻から空気を送り込んでくれます。この圧力、といってもそこまで高い圧力ではありませんが、これによって狭くなりがちな気道を押し広げることで、治療効果を発揮します。